第6話 「うすものや ひと悲します 恋をして」

お寒うなりました。この夏、ドキッと素敵な一句に出会いました。真砂女という方の句です。この「ひと」とはどんなひとでしょう。ひとを好きになるという事は、理屈抜きの感情です。
 感とはひと目ぼれ、情とはひとにほれ、人を好きになるのに理屈はありませんが、いざ結婚となるとどうしても自分を見つめ直し、相方を観察し直してみたくなるのは、これ人情。情に流されれば感が勝ち、感を信じれば不安が先に立つ、そういう時は日頃のコミュニケーションのひとつひとつを冷静に思い返し、私の基本といいますか、生き方のテーマといいますか、許せる事、どうでもいい事、絶対ダメな事、そんなシーンのひとつひとつを思い返して、自分なりの価値観を再確認してみる事をおすすめします。
 今回の酊主は我ながら実に冷静です。医者さまに“しきゅうきんしゅ”と言われて、多少めげております。な~に一盃飲めばすぐ立ち直ります。