よろしく先輩

column

長崎ゆかりの素敵なご夫婦をご紹介

松永 良二・京子ご夫妻

「人生の名バッテリー」

松永 良二・京子ご夫妻 喫茶レストラン経営(松浦市志佐町)

 2200年前、中国から不老不死の薬を探しにやってきた徐福の伝説が、日本各地にある。良二さんと京子さんは、その一つ、松浦市の不老山を望む高台に退職後の終の棲家を求めた。良二さんの実家近くの土地約500平米を手に入れ、昨年4月、喫茶レストランを開いた。佐世保、吉井方向から県道40号を北上、志佐川に架かる庄野橋の手前を左へ少し上った所。伊万里湾も望め、吹きわたる風が心地よい。

 「柞の木」の店名は、良二さんが小さい頃、実家や周辺の柞の木に登って遊んだ思い出から付けた。柞は柘植(つげ)の木よりも硬く、昔は櫛を作って神前に奉納していたという。

 

 速球と巧みなリードで

 二人は、勤務先の名古屋の電気工事設計施工会社で知り合い、良二さん25歳、京子さん24歳の時に結婚した。良二さんは「私は大雑把でガンガン行くが、彼女は真面目。落ち着いて考え、私にストップをかけてくれる」、京子さんは「仕事にすごく一所懸命で、行動力があるところに引かれた」と語る。

 野球のポジションに例えると、良二さんが打者の胸元をぐいぐい突く本格派の速球投手、京子さんはどっしりと構え、ここぞという時に巧みな配球でリードしピンチを切り抜ける好捕手といったところか。

 この名バッテリーに人生の転機が訪れたのは、良二さんの父親が亡くなった2015年7月。良二さんは32歳で自らの電気工事設計施工会社を立ち上げて働いてきたが、故郷へ帰ることにした。もともと、結婚する時に京子さんに「いずれは松浦へ帰りたい」と伝えていた。

 「それにしても、決めるのも、決めてからも速かったですね」と、笑いながら振り返る京子さん。土地の選定・購入、建物の設計施工、店運営の研修、開店と、その果敢な動きはまさに速球投手の本領発揮だった。良二さんは「やるからには徹底してやりたい」と基本設計から材木選びまで自分で手掛け、外観、内装とも、瀟洒な建物に仕上がった。二人ともガーデニングが好きで、建物の周辺にはバラやハーブなどの植栽も多く配している。

 

 コーヒー本来の味わい

 店の一番の特徴は、名古屋の会社「富士コーヒー」と提携して、同社独自の豆からフレンチ方式で作り出していること。だから、コーヒー本来の深い味わいがある。ほかにもこだわりは多い。かき氷の氷は、地元の遠洋旋網組合が4日間かけて製造する不純物のないもので、野菜も新鮮な地元産。県の「健康づくり応援の店」の指定を受けている。「ノリタケ」の、今は貴重となった器の数々も、愛好者にとって何とも魅力的だ。

 二人三脚でたどり着いた田舎の「楽園」。

二人は「ここが皆さんの気軽に集える場所になればうれしい」と、「人生のクライマックスステージ」に静かに臨む。柞の木のように固い絆で結ばれたバッテリーを、伊万里湾の残照が柔らかく包んだ。 

 

 

 

 

 

2018年11月 Vol.164「よろしく先輩157」

PAGE TOP