パートナー考

partner

様々な分野で活躍する人たちが考える、男女の距離感

第2話 「結婚後、怒りっぽくなった夫」

 結婚前、私は山梨県で、夫は長崎県で働いていました。夫は、電話で仕事の愚痴を聞いてくれる、よきパートナーでした。しかし結婚後、夫は「自分は家父長で偉いんだ」とか「女は男に従え」というようなことを言い始めました。怒りっぽくなり、私の子育てを批判したり、私が連絡事項を伝えるだけで煩がるようになりました。それでも少しずつ優しくなり、これから仲良くやっていけるかな、と思った矢先に、夫が急に怒って私の子育てや息子たちの頑張ったことを批判する事件がありました。「この人は変わっていない、もうダメだ。」私は、離婚手続きの一環のつもりで心理カウンセリングを受けました。すると、私が私の気持ち、ありのままの自分を感じる、自分が自分を認める、それがまず大事、と説かれました。悲しかった、あの時こうしてほしかった・・・それを自分自身が受け入れきれていないのです。夫の態度は、「どうせ分かってくれない」という、私の深層心理がさせているのだそうです。

PAGE TOP