パートナー考

partner

様々な分野で活躍する人たちが考える、男女の距離感

第3話 「おかえり」の幸せ

 今のところ結婚したいとは思わない。かわいいとは思うが、どうしても子どもが欲しいとも思わず、結婚する必要も感じない。友人から「子どもができてから奥さんが相手にしてくれない」と聞くと、それなら愛する人と時間を過ごしたいとも思う。……と言っても、そんな相手もいないが。きっと、結婚して家庭を築き幸せに暮らすイメージが、自分の中に具体化していないからだろう。円満と言えない家庭環境の中で幼少期を過ごし、大学時代から今まで独り暮らしを続けてきた。幸せな家庭のイメージと言えば、本や映画の中。具体的でなくても仕方ない。しかし五島に住まいを移してしばらくして、「おかえり」と言われた。何の気なしにかけられた言葉が、やけにうれしかった。家族での食事に当たり前に入れてもらったり、バーベキューで乾杯したり、あれ、思い返すとやっぱり「家庭」欲しいかも。いい相手が見つかって同じ時間を過ごす中で、自然と結婚したいと思えたらうれしい。

PAGE TOP