吉田幸典校長

吉田幸典校長003
(佐世保市立広田小学校)

「基本はパッション」
県内で最も児童数が多い広田小学校。現在1020名の児童が毎日通っています。
職員室の前にずらりと並んだ写真は、町内会の人々。
教職34年目の吉田幸典校長先生は「知らない人ではなく、地域とつながっている学校だからこそ大切」とお話しくださいました。
 「基本は、パッションです」とおっしゃる吉田校長先生は、児童とも保護者とも真剣に向き合います。
「私が転勤になって、船に乗って港を出たとき、それまで手を焼いた子どもたちが佐世保港口の岸壁に並んで手を振ってるんです。
それを見たとき、心から教員になった喜びを感じました」
色あせることのない当時のことを思い出し、目頭を熱くし「元気な子どもたちがいる学校こそ、本当のパワースポットですよ」と、吉田校長先生から情熱あふれる笑顔をいただきました。