御所広吉・由美子ご夫妻

「心の整備士」

御所広吉・由美子ご夫妻 自動車塗装業

yr_003 自動車はスピードを出す技術よりも安全確実に停車する方が難しいと聞いたことがあります。
初期のブレーキは馬車の技術を流用したもので、車輪に棒を擦り付ける方法だったと言います。勿論、今ではそんな訳にはいきませんね。ドラム・ブレーキ、ディスク・ブレーキと発展して来ました。

 

 

 

 

 

二人はどこで知り合ったんですか。
「高校三年の時に友達の紹介で」と広吉さん。
「学校は違うんですけどね」と由美子さん。
お互いにどんな印象でしたか。
「可愛い人だと思いました」広吉さんは微笑みます。
「私は、面白くていい人だなって」と由美子さん。
どんなデートをしていたんでしょうか。
「僕は高校を卒業して二年間ほど大阪の専門学校で車の整備の勉強に行きましたから・・・」
「二か月に一回くらいの割でお互いに行き来したり、中間の福岡で会ったりですね」

結婚は早かったみたいですが。
「彼女の両親に頼んで、大阪で一緒に暮らしましたから、そのまま・・・」
「高校の時から両親公認でしたし」由美子さんは明るく笑います。
「お腹に子供が出来たので、その報告をするときはドキドきしましたけど。ジェットコースター気分で」広吉さんは苦笑いをします。
「長崎に戻って出産したのですが、式は挙げずに写真を撮って籍を入れただけですけど」二人は顔を見つめ合います。

結婚生活はどうですか。
「僕は金銭の管理が苦手なので支えてもらってます。これからもやってもらえたらいいですね」
「彼は子供の面倒を見てくれるし有難いですよ」
これからの目標はありますか。
「僕は仕事を自立したいですね。板金、塗装、整備の店を持ちたいんです」
「私は、このまま仲よく過ごせたらいいです」

 

 

img009さて、ブレーキと言いますと昨今ではアシストも充実していますね。踏込が足りないと、自動的に判断して大きな制動力を発生させたり、あるいは衝突被害軽減ブレーキに至ってはレーダーやカメラからの情報をコンピュータが解析して停車したり。
広吉さんと由美子さんは心にそんな装置を持っているみたいですね。勿論、整備は完璧ですよ。

 

 

 

 

 

 

2014年8月vol.117 「よろしく先輩110」