林田繁志校長先生

林田繁志校長先生haya_01
(大村市立富の原小学校)

「あいさつ日本一の楽好(がっこう)」
ここ10年で校区内の人口が増え、現在児童数901名の大村で2番目に大きな学校となった富の原小学校。「子どもたちが、行きたいと思う学校づくりに力を入れています」と語る林田校長先生。それには先生、保護者、地域の連携が必要だという思いから、赴任から一年間、校区内を毎日歩き、自らの目と足で地域を知ることを日課とされました。そして大事にされているのが子どもたちと直接触れ合う担任の先生方へ自分の思いを伝えること。子どもたちには自分を好きになる「自尊感情」を育んで欲しいと願い、教員全員で一丸となって取り組んだ結果、今年不登校ゼロを達成しました。「子どもたちは教えたようには育ちません。学んだように育って行くのです」自ら学ぶようにしむけるのが自分たちの役目と語るお言葉が印象的でした。