伊崎明・美和ご夫妻

「プリザーブド・ラブ」

伊崎 明・美和ご夫妻 伊崎脳神経外科・内科

DSC_0525 英語のローズと言う名はケルト語の“赤”に由来するとの説があります。確かにバラと聞くとすぐに情熱的な赤い花を連想しますよね。数年前にはブルーの花も開発され販売されています。そのため、花言葉は“夢かなう”とか“奇跡”とされているほど。 それまでは不可能とされていた色ですからね。

 

 

 

 

 

 

二人の知り合った経緯を教えて下さい。
「私が36歳、彼女が32歳の時に知人の内科医から誘われた食事会で知り合いました」と明さん。
「その三日後に彼からバイオパークに行こうと言われて一日を過ごしたんです」美和さんは大きな瞳で微笑みます。
その頃の印象はお互いにどうでしたか。
「彼女は可愛かったし、ハキハキした賢い人だと思いましたね」明さんは相好を崩します。
「彼は外科系ですから、私の周りの内科医とは違った意外性を感じました」

結婚を意識したのはいつでしたか。
「特にターニング・ポイントがあったわけではなく・・・、まぁ自然にかな」明さんは確かめるように美和さんを見詰めます。
「私は7月8日生まれなんですけど、その日にバラの花束をプレゼントされて・・・」と美和さん。
「そう、年齢の数の32本をね」
「それ以来、毎月贈ってくれているんですよ」美和さんも微笑みます。
毎年ではなく毎月ですか。
「ええ。毎月8日に贈るんです。今は年の数って訳ではありませんけどね」「増えすぎて大変だものね」
二人は蕾のように笑います。
知り合ってからだと20年ほど経つんですから、かなりの量と種類でしょうね。
「花は枯れますけど、毎月贈られると嬉しいものですよ」美和さんは少女の目になりました。

 

 

img252何とも羨ましい話ですね。でも、このまま当てられっぱなしでは堪りませんよ。そこで、バラについてあれこれと調べてみたんです。すると世界には2万種を超えるバラがあるのだそうで。明さんが毎月10種類を贈るとしても、年間120種、10年で1200種100年でも12000種・・・。まあ、これくらいの意地悪は許して貰えそうですよ。二人の笑顔は絶えませんもの。昨今はプリザーブド・フラワーと言う長持ちする加工法がありますが、二人の笑顔、いえ、愛情はいつまでも色褪せず続きそうですね。

 

 

 

2015年1月Vol.120「よろしく先輩113」