第1話 「非勝3原則」の教え」

 今、勤務している久留米市に全国亭主関白協会なるものがあるのをご存知だろうか。「関白」とは、天皇の補佐役のことだが、妻を天皇にたとえ、妻の尻に上手に敷かれることこそ夫婦円満の秘訣という考えを推奨している。世の亭主どもは分かるだろうが、妻は夫にだけは謝ろうとしない。だから、夫婦ゲンカになっても夫は絶対に勝たないし、屁理屈をこねる妻に、いくら理路整然と頑張ってみても勝てない。もし、夫が妻を言い負かしたらどうだろう。妻は数日間、口を利かないし、食事面などへの影響も計り知れない。だから夫は後の仕返しを恐れて「勝ちたくない」と思うようになる。この″非勝3原則″「勝たない・勝てない・勝ちたくない」を呪文のように唱える亭主たちが次第に増えているそうだ。亭主の中にはゴミ出しや皿洗い、風呂の掃除をするようになり、妻はニッコリ。家庭円満。ひいては世界の平和にもつながるという。さて、皆さんの場合はいかがだろうか?