大石政孝校長先生

大石政孝校長先生oishi-110×110
(長崎市立日見小学校)

「当たり前のことを当たり前に」
幼稚園から大学まである文教地区にあって、129年の歴史を誇る日見小学校。「温かい地域の中で子どもたちは伸び伸び成長しています」と話すのは大石先生です。日見小学校のスローガンは“あいさつ日本一、ことばづかい日本一、くつならべ日本一”。「当たり前のことを当たり前にできる子どもになってほしい。そうすれば、その先にあることもできるようになると思います」。大石先生自身も毎朝交差点に立ち、子どもたちに声を掛けます。日見小学校の児童数は388名。先生はその一人一人を理解して声掛けをすることが大切だと考えています。風邪で休んでいた子には「治ってよかったね」、ロードレース大会で入賞した子には「よくがんばったね」。そんな細やかな心遣いの積み重ねが今日も子どもたちを元気に、そして笑顔にしています。