木村武夫・沙織ご夫妻

「エバーグリーン・ラブ」

木村武夫・沙織ご夫妻

DSC_0066 “目には青葉 山ほととぎす 初鰹”は、江戸中期の山口素堂の有名な句ですね。緑は色の波長の中間あたりで、目に優しい色と言われます。古くは大宝令に、三歳以下の子供を緑子と称する規定があるそうで、その理由は新芽や若葉のように生命力にあふれているからなのだとか。今は嬰児と書きます。

 

 

 

 

 

武夫さんは上五島、沙織さんは宮崎県・日之影町の出身だそうですが、知り合った経緯は何ですか。
「僕は航空自衛隊を経て外資系保険会社に入ったんですが、その時の同期なんです」
「私は長崎の大学に進学して、そのまま就職したら武ちゃんがいたんです」二人は微笑みます。
印象はどうでしたか。
「沙織はホンワリした、誰にでも好かれるタイプでしたね」
「武ちゃんは、身に着けている物がオシャレで、いかにも“出来る”って感じの魅力的な人でした」

知り合って一年で結婚に至ったのはどうしてでしょうか。
「特別な何かがあったわけではなくて・・・」
「会社の研修で福岡に行くことが何度かあって、
そのバスの車中で話しをするくらいでしたね」
「そうだな。ごく自然だったな」
二人は懐かしそうな目で見つめ合います。
これからの夢はありますか。
「沙織の家族は仲が良くて、僕は片親だったせいか暖かい家庭に憧れていましたから、子供たちが幸せな家庭を作りたいですね」と武夫さん。
「そうね、伸び伸びと育てたいわね」沙織さんが続けます。

 

 

img272 沙織さんの好きな花はガーベラ、武夫さんは菜の花だそうですが、色とりどりの花々を見ていて、ふと気づいたことがあります。花が美しく見えるのは花そのものの色形だけでなく、それを支える緑の茎や葉のせいではないかと。まさに“目には青葉”です。
二人の背後で、雨に濡れそぼる庭木の緑が艶やかに揺れています。
エバーグリーン(常緑樹)は、転じて絵や音楽の不朽の作品を表しますが、こうして二人を見ていると、まさに緑に被われた愛情を感じずにはいられませんね。

 

 

 

 

 

2015年7月 Vol.125「よろしく先輩118」