内田 裕基・理紗ご夫妻

「愛の誠実」

内田 裕基・理紗ご夫妻

 

DSC_0420「アジサイ」(裕基さん)と「マーガレット」(理紗さん)。二人が好きな花だ。
アジサイの花の色は土の酸性・アルカリ性の度合いによって変わるという。まだ、結婚一年目。これから、夫婦・家庭という土壌の上にどんな花を咲かせるのか。どんな物語を紡ぎだすのか。微笑みながら寄り添う二人を見てふっと浮かんだのは、マーガレットの花言葉「愛の誠実」。

 

■出逢いは学び舎のゼミ
裕基さんは佐世保市出身、理紗さんは鹿児島市出身。同市内の大学で同期だった。共に学んだゼミで「一目置かれる存在だった」理紗さんに、裕基さんが「ドライブに行かない?」と声を掛けた。誘われた時の気持ちを尋ねると、理紗さんは「断れなかったし…」とはにかみながら笑う。すかさず、裕基さんが「断る理由、なかったもんね」と冗談交じりに返す。
大学卒業後、裕基さんは佐賀市に本店がある銀行へ就職。理紗さんは鹿児島県内の郵便局で働いた。デートは、土日に鳥栖で待ち合わせて佐賀、長崎、福岡などへ行った。

 

■遠距離と病を乗り越え
順風満帆だったわけではない。裕基さんが一昨年春に倒れて半年間入院した。「鹿児島のお父さんと酒を飲み、打ち解けた間柄になった矢先だった」(裕基さん)。理紗さんは何度も鹿児島から通って、裕基さんを精神的に支えた。退院後、裕基さんは長崎支店へ転勤、二人は七年越しの交際をめでたく実らせる。長崎―鹿児島の距離、そして裕基さんの病を乗り越えて。
インタビューの合間に二人が交わす目と目、笑顔を見ていると、互いを信頼しながら大切に一歩ずつ歩んできたのだなと感じる。そして、そこに変わらず流れていたのは、やはり花言葉と同じく「愛の誠実」だったのではないだろうか。

 

■笑顔が絶えない家庭を
出身地の大学へ進み、父親と同じ銀行マンの道を歩む裕基さん。卒業後家族の側へ就職していった理紗さん。共に、専攻の経済・経営を生かし、地域に貢献したいとの思いがうかがえる。故郷と家族をかけがえのないものだと思う心が共通しているようだ。

二人が評する自らの性格は、「良くも悪くも正直」(裕基さimg282ん)、「気持ちの切り替えが速い」(理紗さん)。気心が知れた「同級生カップル」に気負いはない。「ありのままでいい。けんかするころがあっても。とにかく一緒に、明るく笑顔が絶えない家庭を築いていきたい」
インタビューを終え、肩寄せ合って眼鏡橋を渡っていく二人の背中から、裕基さんが好きだというDREAM COME TRUEのメロディーが流れてきた、と思った。

「LOVE LOVE 愛を叫ぼう 愛を叫ぼう」

 

2015年8月 Vol.127「よろしく先輩120」