西村仁志校長先生

nishimurasennsei西村仁志校長先生

(諫早市立御館山小学校)

「子どもたちを名前で呼ぶことの大切さ」
御館山小学校では子どもたちがオープンスペースの教室でのびのびと学んでいます。西村校長先生のモットーは、子どもたち全員のフルネームを覚えること。なんと現在、537名全員の顔と名前を覚えているそうです。先生は一人一人を名前で呼ぶことは、子どもたちを理解する第一歩だと言います。しかし全員の名前を覚えるのは簡単ではありません。先生は「教師になって3年目にある女の子の名前を間違って覚えていたことがありました。その子はあっけらかんとしていましたが、大変申し訳なく思いました。今でもそのことが忘れられません」と話します。

たった1度の過ちを心に深く刻んでいる姿に胸を打たれました。537名もの名前を覚えるコツを伺うと、先生は「愛情です」とニッコリ。確かにそれに勝るものはありません。