中垣内真樹・優子ご夫妻

「知ってるはずなのに」

中垣内 真樹・優子ご夫妻 長崎大学大学教育機構開発センター 准教授

yoroshiku_40.fwオーストラリアに行きますと“逆さ地図”が売ってあります。南が上で北が下、東が左で西が右ですから頭が混乱してしまいます。でも、見慣れてた地図を逆様に眺めますと、新しい発見も多くあります。日本付近の地図ですと、日本海がまるで大きな湖のように感じられたり・・・。

 

 

 

 

 

二人は幼なじみだそうすね。
「鹿児島の鹿屋で、幼稚園から中学まで一緒でした」筋肉質の真樹さんは柔和な表情で話します。
その頃からお互いに気になる存在だったんですか。
「さあ、どうかしら。古いタイプの人でしたけど」優子さんは窺うように真樹さんを見詰めます。
真樹さんは関東の大学に進学しましたから、そのままずっと遠距離恋愛ですか。
「さあ、どうだろ」今度は真樹さんが見詰めます。
「彼が大学院時代に、私が遊びに行ったのがきっかけなんです」
「それから交際が始まって・・・。大学院で体育科学の研究に打ち込んでいた時に、彼女と二人で北海道に旅行をしたんですが、それが大きな転換期だったんですね」
「夏休みに一週間ほど車で出かけたんです。何の予定も計画もないままで、私は不安でしたけど」
「いつもそうなんです。フリーのまま旅行するのが好きですから」
「でも、その時に“しっかりした人だな”って改めて感じました」優子さんの言葉に、真樹さんは照れています。
幼なじみだからといって、何でも知っていた訳では無いんですね。

真樹さんが六年前に長崎へ。そこに優子さんを呼び寄せる形で結婚。交際期間が長かったんですね。
「男ですからね、しっかりした生活基盤が出来るまでは待ってもらいました」真樹さんは九州男児の目で話します。
優子さんには見知らぬ場所での生活ですが、不安はありませんでしたか。
「知り合いがいませんから、多少は心配でしたけど、彼がいますから・・・」
ああ、そうですか。訊かなければ良かった。
「“おくんち”に参加した時に、長崎の方々がとても良く受け入れて下さって、有り難かったですよ」
「今は子供に元気をもらっていますしね」

 

 

yoroshiku_40_02.fw“愛とは見詰めあう事ではなく、互いに同じ方向
に目を向けることである”と言いますが、二人は
北の大地から南の鹿屋を眺め、そして新しい人
生を互いの心の中にみつけたのでしょうね。
 

 

 
 

 

2008年9月vol.47 「よろしく先輩40」