秀島紀志子校長先生

秀島紀志子校長先生秀島紀志子校長先生

(長崎市立神浦小学校)

「キーワードは「あい」!」

自然豊かな場所にある神浦(こうのうら)小学校は全校児童33人。この小さな小学校で校長の秀島紀志子(きしこ)先生が目指すのは「あい」があふれる学校。「会い・愛・I・eye」と4つの「あい」をキーワードに学校づくりを進めています。そこには、愛する心を大切にして友だちと仲良く、自分(I)の力で最後までやりぬく力を身につけてほしいなど、1つ1つに想いが込められています。

秀島先生は校長先生1年生。「校長になってから、考えたり悩んだりする時間が増えました。常に自分は間違っていないかを自問自答する日々です」。これからについて「地域の皆様に愛されている子どもたち。子どもたちには神浦の素晴らしさを自分の言葉でアピールできるようになってほしいですね」と話す秀島先生。先生の学校づくりは始まったばかりです。