松本寛子校長先生

松本寛子校長先生松本寛子校長先生

(雲仙市立岩戸小学校)

「たくましさと賢さを持った大人になってほしい」

岩戸小学校は全校生徒22名という小さな学校です。「元気で素直――ここには子ども本来の姿があります」と話すのは松本寛子先生。先生が目指すのは、自然豊かな地域で育まれたたくましさを持ちながらも、礼儀や高い知識を身に付けた大人になってほしいということ。そのために近隣の小学校との交流を増やすなど、独自の取り組みに力を入れています。

先生は毎朝、校門の前で子どもたちと握手を交わします。そして子どもたちの発する小さなサインを見逃すことなく、職員室でその情報を共有します。そこにあるのは、まるで家族のような温もりです。

「将来、笑顔で子どもたちと対等に語り合えるおばあちゃんになりたい」と話す先生。「教え子は宝物です」という言葉にすべての想いが込められていました。