第3話 Luck is No Accident

職場の20代の男性と話をしていた時のことです。彼は独身で恋人がいないのですが、「街コンとか、出会いを目的とした飲み会に参加するのは抵抗がある」と言うのです。偶然で、自然な出会いによって恋愛が始まるのが理想で、「相手を探すことが目的」の飲み会は、そうではないというのが理由だそうです。彼のように考える男性は、意外と多いのでは?
私の専門であるキャリア心理学に、計画的偶然性(Planed happenstance)理論というのがあります。提唱者のJ,Dクランボルツは「自分から積極的に行動することで、偶然のチャンスが『計画的に』起こり、結果的に理想の自分になる」と主張しています。
仕事のキャリアと同様に、恋愛の出会いのような予期せぬ幸運は、ただ待っているだけでは生まれない。「自分は結婚して、こんな風になりたい」とイメージし、それに向かって偶然の出会いを作ることで、少しずつ理想に近づけるのかもしれません。