椋本博志校長先生

椋本博志校長先生椋本博志校長先生

(西海市立亀岳小学校)

「登校時間に築く子どもたちとの絆」

この春で閉校することが決まっている龍石小学校。渡邉校長先生は今の心境を「寂しい気持ちがないとは言えませんが、私は物事の終わりは始まりでもあると考えています。校歌の3番に『七つの海に いざや進まん』という言葉があるのですが、私はこれが『未来への船出』を意味していると思っています。閉校はまさに希望に満ちた船出です。」と話します。そうした想いは子どもたちにも届いているようで、彼らは新しい学校での生活にドキドキワクワク胸を膨らませているといいます。

閉校と同時に渡邉先生も退職を迎えます。しかし先生はその後も“再デビュー”する予定。新たな人生を楽しみにしているそうです。仕事の魅力を「未来を作る仕事ですから」と微笑む渡邉先生の未来こそが輝いているように見えました。