シンパシーブログ

こんな会話のやり取りしてませんか?~婚活NG編

こんにちは!シンパシーのホッタです!

すっかり、街中はクリスマスモード!今年もあと一ヶ月ちょっとです。

 

先日、交際中の女性の会員さんから、こんなご相談がありました。

「今、交際中の彼ですが、なんだか一緒に話をしていても否定されているような気がして・・・」

詳しくお話しを聞いてみると、彼女としては、お相手の男性に共感してもらいたいだけで、

深い意味はなく、自分のお気持ちのままお話されたそうなのですが・・・

こんなやりとりです。

 

女性「いつか、紅葉を観に京都に行ってみたいな~」

 

男性「え?京都?僕は前に観たけど、もう行ってみたいと思わないな。

なぜなら、人が多すぎてゆっくり見れやしないし、長崎の心田庵の紅葉の方がよっぽどいいよ。」

 

女性「はぁ・・・そうですか・・・(否定されちゃった・・・なんだか悲しいな・・・)」

 

男性「じゃあ、今度一緒に長崎の心田庵に行きましょう!」

 

女性「は、はい・・・」

 

こんなやりとり・・・よくありますね。

彼女はただ、希望的観測で、紅葉を観に京都に行きたいな~と、

心の声ともいえる気持ちを言っています。

そこで彼が「僕は行ってみたいと思わないな。なぜなら~」と始まったものだから、

彼女は、自分の言葉・・・自分自身を否定されて、「あれ?」と思うわけです。

 

ここで彼女は、彼から「そっか~、いいねぇ。京都はきれいだろうねぇ」と

共感してほしかっただけなんですね。

でも、男性はそうはいかない。

 

意見を言いたがるのが男性なのです・・・!

≪僕はもっといいところを知っているぞ!≫と情報を上乗せしたがるのです。

これは、決して彼女を嫌がらせようと言っている分けではなく、

よかれと思って言っています。

だって、情報としては、「京都よりもおすすめの大切な情報」ですからね。

こういう時、女性は「否定された」と思われないでくださいね。

もし、あなたに興味がなければ、男性はそんな提案さえもしないはずですから。

 

男性は、感情ではお話ができず、「事柄・物事」として捉えてしまいがちです。

一方、女性は感情でお話したいのです。

よくある会話をもうひとつ

 

女性「今日は寒いですね~」

 

男性「いや、昨日の寒さよりはマシですよ」

 

女性の皆さん、こんな答えが返ってきても、腹を立てずに余裕を持って見守ってください。

決して彼に悪気はありません。

男性の皆さん、女性は共感してほしい生き物です。

ズバッと自分の考えを言う前に、「そうだね~」と同調してみましょう。

 

男女お互いにわかってくると楽しくなってきますよ☆

 

今日も、シンパシーの営業部長が、ローソンの看板の上で愛想をふりまいています(笑)

ハッピーカムカムキャットです♡

 

シンパシーの看板猫

 

こんな会話になるかもしれませんね・・・↓

 

女性「うわぁ♡このローソンのねこ、かわいいですね!」

 

男性「いや、うちで飼ってるスコティッシュフォールドのマリリンの方がかわいいよ」

 

くれぐれも、そんなやりとりになりませんように・・・

こんなことを言った日には、女性の顔が、こんな↓感じになると思われます(笑)

 

シンパシーの看板猫

 

いや、

「そんなかわいいマリリンちゃんの写真見せてください♡」って女性から言われるかも・・・

 

男性と女性は奥が深いのです・・・

 

このねこ部長から、みーみー付いてこられて、
周りから完璧飼い主と間違われているカウンセラーがいるのはシンパシー!
長崎で結婚するならシンパシー/婚活パーティー・お見合い

  • カテゴリー:未分類
  • | 投稿日:2016年11月11日
  • | 投稿者:堀田