秋月徹雄・陽子ご夫妻

「Tea for two」

秋月徹雄・陽子ご夫妻 お茶の秋月園オーナー

yoroshiku_98.fw 現在、お茶の学名はカメリア・シネンシス。椿の仲間なんですね。でも1753年に植物学者リネンが命名したのはテア・シネンシス。このテアはオランダからヨーロッパに拡がった茶のこと。英語ではティーになっています。大雑把に言いますと、船でヨーロッパに伝えられたのはテア、陸路で伝播したのがチャなんです。

 

 

 

 

 

二人が知り合ったのはパーティーだそうですね。
「ええ。入籍はしていて結婚式をしてなかった友人のパーティーの席でした」徹雄さんは話します。
印象はどうでしたか。
「主人は優しそうな人でしたよ」と陽子さん。
「でも、博多に住む彼女に会いに行くときにBMWに乗ってましたから印象は悪かったかも・・・」
「そんなことはないですよ」陽子さんは微笑みます。

陽子さんは対馬の出身ですね。
「はい。高校を出て医療事務をしたくて博多に行ったんです」
では知り合ってからも離れ離れですね。
「私は対馬で育ちましたから、主人が連れて行ってくれる山とか洞窟でのデートは楽しかったですよ」
陽子さんは自然が大好きだからと笑います。
結婚以来、陽子さんは専業主婦だったんですか。
「はい。子育てもありますから」
「でも、この店を出すときに、女性の感性が必要だと思って手伝って貰うことにしたんです」
生活が変わったでしょうね。
「そうですね。でも改めて主人の仕事の大切さを知りましたし、お客さんとの会話方法は学ぶことが多いですし楽しいですね」
「女性の感性が導入できて助かりますよ」
双方とも互いの存在の大切さを改めて感じた様です。

 

 

yoroshiku_98_02.fw将来の夢は、のんびりと自然の中を旅する
こととか。
子育ても仕事もありますから、ずっと先に
なるのでしょうが、二人とも生き生きして
いますよ。
その時には、特別にブレンドしたお茶を楽
しんで下さいね。“ふたりでお茶を”を聴き
ながらね。
因みに高齢の方ならマリオン・ハリスの歌
声を、シルバー世代ならドリス・デイ、若
い世代だと同名異曲ですが東方神起でしょうか。

 

 

2013年9月vol.105 「よろしく先輩98」