「食して磨く」長崎・磨屋の勝手口

身体に優しい料理で美味しいひとときを。

「食して磨く」長崎・磨屋の勝手口

今年6月にオープンしたばかりのこちらはカウンターの5席のみという、とっても小さなお店。オーナーの岩﨑美樹子さんは「お酒は糖質が高いですから、ヘルシーなお料理でおもてなしをしたいと思って」と話します。店名からも、カウンターに並べられた季節の野菜をふんだんに使ったおばんざいからも、その心意気は伝わってきます。「なるべく無添加のものを、なるべく旬のものを」という想いで作られた創作料理は、素材本来の味を大切にした味付けで、身体にも心にも優しく染みていきます。

料理は基本、コース。メニューはその日の仕入れで決まりますが、看板メニューの「対馬産の穴子の白焼き」は、いつでもいただけるそう。ダイエット中の彼女にも喜んでもらえる至福の一軒です。


 

「食して磨く」長崎・磨屋の勝手口

 

 

「対馬産の穴子の白焼き」はアボカドとワサビ醤油で。ヘルシーな料理ばかりなので、心おきなくお酒が楽しめます。

 

 

 

 

概要

お店はアルコア中通りにあります。レトロな色ガラスの入口が目印です。

「食して磨く」長崎・磨屋の勝手口

 

住所:長崎市古川町8‐5‐1‐1F

電話:070‐4713‐3122

時間:16:00~21:00

店休日:火曜休

※料理は4000円と5000円のコース料理他、応相談。20:00は1000円のコースあり。
※小さなお店ですので、予約をおすすめします。

ホームページはこちら→http://www.nagasaki-togiyano-katteguchi.com/