藤永 大作・舞ご夫妻

「ファッショナブルに生きる」

藤永 大作・舞ご夫妻 アパレルショップ,リラクゼーションサロン経営(長崎市)

 

藤永 大作・舞ご夫妻大作さんは長崎市の崇福寺に近い油屋町で洋服や帽子などを商い、舞さんは別にリラクゼーションサロンを営んでいる。

 

■クラシックカーに興味

中学時代からクラシックカーに興味を持った大作さん。21歳の時に初めてクラシックカーを購入、趣味が高じ、29歳で出身地の西彼時津町に専門店を開いた。アパレルショップで扱っているのは、すべてヴィンテージ(年代物)風を基調に現代の感覚をアレンジした商品。舞さんはエステの学校を出て、29歳の時にまず自宅で開業した。

二人の馴れ初めは6、7年前に友人の紹介で参加したイベント。大作さん34歳、舞さん27歳だった。頼りがいがある大作さん、明るく元気な舞さん。互いが気に入り、一昨年、入籍した。「何事も率直に言い合い、隠し事をしない」。互いを「ひょうきん」だとも評す。だから、周りからは「あんたたちは、いつも仲よかね」と言われる。趣味は大作さんがドライブ、舞さんは10年ほど前から続けているベリーダンスだ。

大作さんの店の特長は、個性的な商品を揃えているところ。長崎県内で唯一「GLADHAND」(グラッドハンド)の4ブランドを取り扱っている。靴も「リーガル」との、バッグも「吉田カバン」とのそれぞれコラボ商品だ。このほか、メガネ、ベルト、ネクタイなども落ち着いた、おしゃれなものが多い。

 

■「個性が奏で合う独自性」

厳選した商品の魅力を大作さんに尋ねると、「着用する人の個性と品物の個性が奏で合う独自性」。その人ならではのファッション、「オンリーワン」に近い。「トラディショナルな、古き良き時代。現代人にとっては無駄なところが多いかもしれませんが、ヴィンテージ風のものに現代性を加味した商品は味があります」。コストパフォーマンスを何よりも優先する今の風潮だからこそ、質と個性を重視した品物が光る、希少価値がある。

商いを始めた当初は苦労もした。仕入れ先の信頼をつかみ、満足できる品を揃えるまでには、やはり一定の年数がかかったという。「お客様が試着して『かっこいい』と喜んで購入してくださった時は、喜びもひとしおです」と語る。心掛けていることは、「お客様にはうそをつかない。自分にはね返ってくる」(大作さん)藤永 大作・舞ご夫妻、「お客様には正直に対応、満足して帰っていただく」(舞さん)だ。

今後の抱負を大作さんは「現状に満足せずに上っていきたい。そのためには、長崎の人たちにもっとセレクトした品物の良さを知ってもらうのが一番」、舞さんは「二人で頑張って、楽しく過ごせれば」と笑顔で話す。

扱う品物と同様、二人の姿、生き方もファッショナブルに感じた。

2017年10月 Vol.153「よろしく先輩146」