籠町 龍踊り(かごまち じゃおどり)

9kago_1 唐人屋敷に隣接する籠町は、竹籠の職人が、集まっていたことに由来しています。
 奉納踊りは、300年以上の歴史を持つ勇壮な龍踊り。籠町が長崎の龍踊りの原点です。

 

 

 

9kago_2「どの町も同じだと思いま すが、目標は、お諏訪さんで素晴らしい踊りを奉納すること。とにかく体に覚えこませることですね。稽古の時の皆は、とても生き生きしていますよ。」と語る 白水さん。籠町の人が少なく、他町の人がほとんどのなか、気持ちを一つに奉納したいと声を強めます。他町の力があってこそ、くんちで奉納ができるのです ね。  「昔からの龍踊りを伝えていってほしいと思います。皆のくんちへの思いは、とても強いんです。龍踊りに携わらせてもらえることを、誇りに思っているんで すよ。」伝統を守っていくこと。代が変わっても、その熱い気持ちは子供たちへ受け継がれていくのですね。

 

 

 

お話:白水 仁さん
写真協力:山下 純一さん
協力:長崎くんち塾