西濱町 龍船(にしはまのまち じゃぶね)

22nisihanomachi_1 西濱町は、寛文12年(1672)に濱町を分割して出来た町で、現在は浜の町と銅座町に合併されていますが、昔の町名で出場しています。
 奉納踊りは、長崎くんち最大級の曳物、龍船。屋形が開き、舞台となるほか、龍が口から煙を吐きながら豪快に廻る様子は迫力満点。その大きさとスピードに圧倒されます。

 

 

 

22nisihanomachi_2「“く んちに出るのが当たり前”ではないんです。年長者になるにつれて重みも違いますし、町の看板を背負ってたつプレッシャーはありますね。」と語る木下さん。 薄れてきた町内のコミュニケーションが、くんちによって深まり、強い絆となる。龍船に込められた熱い思いは、ずっと消えることはないでしょう。

 

 

 

お話:木下 政幸さん
写真:木下 政幸さん
協力:長崎くんち塾