パートナー考

partner

様々な分野で活躍する人たちが考える、男女の距離感

第2話 「死んでも叶えたいライフプランか」

 10年前に初めてライフプランニングをして以来、2年ごとライフプランを立て直してきた。それが5年前で止まっている。5年前といえば、妻が第2子を妊娠した年だ。第2子はなんと男の子と女の子の双子、一気に子供3人の家族となった。ここから我が家のライフプランは狂った。というか、未来を夢みる余裕なんてない、目の前のことをこなす毎日が続いている。
 そんな状態ではありながら、先日、久しぶりに夫婦でライフプランニングをした。10年前と違って、夢というより、確実にやってくるイベントにどう向き合うか?子供の進学、車の購入、親のこと、収入など現実的なものばかり・・・
 いったんお金のことは考えず、家族としてどうしたいか、何を選択するかを書き出していく。次に、お金がなかったとしてもそれは叶えたい夢なのかを夫婦で話しあう。そして最後に、自分が死んだとしても、その描いた夢は、家族に叶えてほしいものかどうか?を自分に問う。

PAGE TOP