第3話 「愛が怖い」

 「本当は、愛してくれる人がいいのに、冷たくする人を選んでしまうのです。
私、愛が怖いのかな。」
あなたは、無条件で受け入れられると、何か怖いような気がしたことは
ありませんか?
そんなはずはない。
どこか無意識に自分が無条件で受け入れられるはずがないと
思っているのかもしれません。あなたがもし、目に見えない愛情が、
温かいと感じられないのであれば、これからでも大丈夫。
温かくて、ほっとして、安心を感じる力は、
私たちに生まれつき備わっているから。
愛情を感じないようにしていたのは、感じてしまうと、
感じられないのが辛いから、
傷つかないように「愛情を感じないようにしよう」と決断しただけ。
あの頃の辛さと向き合い、愛情を感じられるようになれば、
愛は怖いどころか、心地よく、幸せと自信を感じられるものだということ、
生きていくのにかけがえのないものだということを実感できるようになります。そうなれば、本当に愛情ある人を選ぶように変わるのです。