第2話 「男女のエネルギー有効利用」

「大変だったねって言ってくれるだけでいいの!!」女性は、身の上にトラブルが起きたとき、喋ることで気持ちの整理をつけようとします。うんうんと頷いて、大変だったねと共感してもらえれば、案外簡単に心の切替えが出来るものです。
ところが、大切な人が辛い想いをするのが堪えられない男性は、ついつい
「君がこうしていたら、そんな風にならなかったんじゃないの?」なんて言ってしまう。せっかく親身に話しを聞いていても、
「あなたは私の話を何も聞いていない」と言われてしまうことに…。その真意は、「心の奥の、“いたわって”、という声が聴けていない」ということでしょう。こんな時は、「君のこと、好きだから心配してしまうんだ」と本心を明かして、優しく抱擁してみて下さい。
「大変だったね」と話しの続きを聞いてあげてみて下さい。男女間の平和が実現されることうけあいです!!