第3話 「帰り道の幸せ」

 暇つぶしに雑誌を広げたり、TVを眺めたり。そんな時にふと出逢ったフレーズが妙に心に残って忘れられない…、そんな経験ありますよね。長崎の方はよくご存知の市川森一さん。著名な脚本家の彼が、女優の柴田美保子さんと結婚したての頃。ある雑誌のインタビューにこんな一節がありました。「市川さん、新婚生活、如何ですか?」「生活がそんなに大きく変化したという事はないのですが…。恋人どうしの頃は映画を見たり、芝居に行ったり、食事をしたりとデートの帰り道。面白かったね、美味しかったねとたわいもなく話しながら、またね!とそれぞれの帰り道を辿ったものです。でも結婚後は同じような会話をしながら当り前のように同じ道を辿り、同じ玄関をくぐる…、こんな日常がとてもいとおしく幸せです」と。
 当時まだ若く愛だの恋だのに妙に敏感になっていた私は、この一節にふと泣きそうになったものでした。