第2話 「だだもれの会話」

 結婚を控えた若いカップルが、ベテラン夫婦に「結婚すると何がいいですか?」と尋ねてきたという。夫婦はすかさず、「会話がだだもれで、いいことだね」と答えました。“だだもれ”というのは、頭に浮かんだ事を水道の蛇口を開けっ放しにしたように、ダラダラおしゃべりする事だそうです。夫婦2人でいる時、ほとんど独り言のように自由に口にする。TVを見てはアレコレ言い、食べすぎた、疲れた、眠たい、果ては悔しい、腹立たしい等々と漫然と話すけれど、大した返事は求めず、だだもれしゃべくりで、これが結構ストレス解消になるという。「ああ、また彼の(彼女の)だだもれが始まった!」くらいの苦笑でお互い目をつむる、これが夫婦円満の秘訣かもしれません。 でも、これから結婚という若い2人は、好きな人と一緒に暮らせるのだから、それだけで幸せ!だと。そうだ、そうなんだ、ベテラン夫婦は、そんなシンプルなことをすっかり忘れかけていたのでした。