第23話 「共感・反発・学び」

最近、独身男女の集まりに2、3度参加する機会がありました。もちろんお酒を伴う会合でしたが、男女共にあまりお酒が進まない。まさにたしなむといった感じで盛り上がりません。酒の勢いでも借りて、もすこし本音をぶつけあったら、勇気も元気も、悲しみも淋しさも共有できるのではなかろうかと、実にじれったい時間が過ぎていくのみでした。
 飲めても飲めなくても、ひたむきに見つめる、楽しむ、そしてテレないで一生懸命の自分を表現する努力はできるはず。その努力がお集まりの皆さまへのエチケットでは。言い過ぎや後悔があっても、言い足りないよりはよっぽど救われるのではないかと思うのですが。そんなに親しくない仲や、ましてや初対面の人なんかに本音なんぞさとられてたまるか、といった本音の本音でも結構。自己主張のぶつかりあいがあるから、ほんものの共感と反発と学びがあるのです。刺激しあいながら、発想し、変わっていく自分を実感できる喜びを楽しみましょうよ。