桶屋町 本踊(おけやまち ほんおどり)

kunchi_yoroshiku.fw_r2_c2桶屋町は、桶職人たちが多く住んでいたことに由来しています。
奉納踊りは、傘鉾の「象」にちなんだものを基軸とした古式ゆかしい本踊。傘鉾は、白象の珍しいからくり時計の飾りで、エキゾチックな雰囲気が皆の目を引きます。飾り、垂ともに文化財の指定を受けているのはこの町だけです。

 

 

 

kunchi_yoroshiku.fw_r4_c4「新しい次の世代へ継承していくこと、世代交代も考えなければいけない時期にあると思います。私は庭先廻り担当として、踊り子さんをサポートしながら、ひとりでも多くの人に見てもらえるように、藤間金彌先生、そして町の人と協力して、作り上げていきたいと思っています。」と原さん。くんちがきっかけとなって、町がひとつに繋がり、新しい世代へと伝統が継承されていくのですね。(堀田)

 

 

 

お話・写真:原 喜一郎さん
協力:くんち塾