パートナー考

partner

様々な分野で活躍する人たちが考える、男女の距離感

第3話 「ひとあい~思いやり」

ひとあい=想いやり
友人が私の誕生日に贈ってくれた言葉をご紹介しましょう。
<人生を思い通りに動かす七つの言葉>
1「今日は人生でもっとも重要な一日である」
2「最後まで絶対に妥協しない」
3「何歳からでもやり直し出来る」
4「人を羨むより自分を磨け」
5「時間はいくらでも作り出せる」
6「積極的にうごいてみる」
7「考え方をポジティブに変える」
この七つを胸に一日をスタートしましょう。
素敵な今日を心から応援しています。
一言でいえば「何事も自分の心持ち次第」ということでしょうか。
たしかに雨が降って文句をいう人は、晴れれば晴れたで「暑い!」「陽に焼ける!」などとぶつぶついう。
それよりも雨が降れば「ああ、今日こそ気になっていた書類の整理ができる」と感謝する。
「ああ、よかった」「わあ嬉しい」「有り難い」「幸せ」などと、ささいなことにも感謝しながら過ごすことが出来れば、これこそまさに「日々是好日」ではないでしょうか。
相手にたいする「ひとあい」は「想いやり」。
わたくしを想ってくれる人がいることを嬉しく、そして感謝する想い。
そんな「今日」が綴られてパートナーとの素敵な一年が完成するのではないでしょうか。

  • 投稿者:管理人
  • 更新

様々な分野で活躍する人たちが考える、男女の距離感

第2話 「人愛~ひとあい」

 友人H氏の奥様は何ともいえない明るさが素敵です。奥様のどこに惚れたのかという質問に対して彼は「君はどうしていつもそうニコニコしているの?とたずねたら、私が不機嫌な顔をしていたら回りまで不機嫌になるでしょうと答えたので」とのこと。
 「ひとあい」とは人付き合いや、人に対する愛想のことで、「人愛」とも書きます。時には腹もたつ、時には癇癪を起こす。しかし側にいる人がいつもニコニコしていると自然にも笑顔ができる。まさに人との関わり方が「人間」そのもの。人間関係が一番自分を磨いて、そして育ててくれるものなのですね。ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨けないように、人間も人間によってしか磨かれないものなのです。

  • 投稿者:管理人
  • 更新

様々な分野で活躍する人たちが考える、男女の距離感

第1話 「人間~ひとあい」

 新年おめでとうございます。
 年頭にあたり私の心に残る「人間」の話をさせていただきたく思います。昨年27回忌をむかえた当山檀家のIさん。私の母と小学校で同窓でもあり、親しいお付き合いをさせて頂いておりました。私の大学在学中に先代住職が逝き、父に代わり、寺を守り檀家の月参りを務めてくれたのは母でした。多忙な毎日の中で、お参りでお邪魔したIさん宅でのしばしの語らいは、母にとって、どれだけ心の安らぐひとときだったことでしょう。そして私が修行を終えて住職をついだのが、24歳のとき。Iさんは「方丈様、方丈様」といって私を大変大事にして下さいました。このことは、新米の若僧にとってどんなに心丈夫であったか、またどんなに勇気を与えてくれたかは到底言葉にすることが出来ません。いつも感謝の念で一杯でした。
 人は一人では生きていけないものです。人間と書いて「ひとあい」とも読みます。人と人とのつながりがあるからこそ、人は生きていけるもの。だから人との関わりあいが大切なのだと思うのです。今年が皆様にとって素晴らしい一年でありますように願ってやみません。

  • 投稿者:管理人
  • 更新

PAGE TOP