パートナー考

partner

様々な分野で活躍する人たちが考える、男女の距離感

第3話 「教会結婚式」

 ある調査ではキリスト教徒でもない日本人の約60パーセントが教会結婚式を挙げるとか。でも外国のキリスト教の教会で結婚でもしない限り、これだけでは結婚は成立しません。ご存知の通り、日本での結婚は書類を自治体の役所に届けたときに成立します。
 先日「本物の」日米カップルの結婚式の司会をしました。場所は教会ではなく基地のレストラン。米海軍に所属する牧師さんが軍服を着て、二人の前に立ちました。「病める時も健やかなる時も死が二人を分かつまでお互いを愛し、大切にしますか」と聞き、新郎新婦がそれぞれ「誓います」と答える、例の結婚式です。違うのは、その後牧師さんが招待客に「二人の結婚を認めますか?」と聞くことです。指輪の交換、キッスが済めば、二人は正式な夫婦です。結婚式は神聖なものなので、通訳でさえ途中で邪魔をすることはできません。一応招待客に説明してから式に入ったのですが「認めます」と答えたのはアメリカ人だけ。沈黙をもって「是」とするのが日本式なのか?大きな声でI do.と答えて欲しかったと思います。

  • 投稿者:管理人
  • 更新

様々な分野で活躍する人たちが考える、男女の距離感

第2話 「良妻賢母」

 「私はただ、仕事で疲れている夫を気遣って子供を静かにさせ、そっとしてあげただけなんです」米海軍の軍人である夫から突然離婚を切り出された日本人妻はよよ、と泣き崩れました。一方夫は「付き合っていた頃は二人で食事に出かけたりして楽しかったのに、子供ができたとたん妻が僕を無視するようになったので寂しかった。そんなときに今の彼女に会ったんです」
 カウンセリングに来た国際結婚カップルのそれぞれの言い分です。アメリカでは幼い子供のいる夫婦でも子供を預け二人で出かけます。メディアが発達し、それを知識として知っている現代の日本人女性でさえ、子供を預けて夫婦で楽しむのには抵抗があるようです。
 「文化の違い」と言ってしまえばそれまでですが、お二人はそれを超えて結ばれたはず。もう少しうまくコミュニケーションが取れていたら、と悔やまれます。みなさんも、これを人事(ひとごと)だと思わずに、夫、妻、恋人と積極的にお話しましょう。

  • 投稿者:管理人
  • 更新

様々な分野で活躍する人たちが考える、男女の距離感

第1話 「ああ、結婚」

 アメリカ海軍佐世保基地ファミリーサポートセンターで日本文化講師を務める川原です。自分が結婚もしていないのに結婚情報誌に文章を寄せることになりました。ウチの事務所には結婚問題、家庭内暴力、児童虐待、金銭管理など米国人カウンセラーが働いています。もちろん国際結婚カップルのお世話をすることもあります。そのあたりの話を3回にわたりご紹介いたします。
事務所に相談に来るカップルを見て思うこと。そんなに気が合わないなら、なんで結婚したの?「あの時はお互いが運命の人だと思ったの」きっと、そうなんでしょうね。
父に言わせれば「結婚生活の難局を乗り切ってこそ人間的に成長できる。だから、結婚するのが自然」なんだとか。ま、自然に逆らうヤツもたまにはいますけど。
恋に落ち、盲目となってする結婚。裏を見て、表を見てする離婚。難局を乗り切れば良寛さんの辞世の句「裏をみせ、表をみせて散るもみじ」の心境に達するのでしょうか。命短し。恋せよ、みなさん。

  • 投稿者:管理人
  • 更新

PAGE TOP