ホタルの季節

シンパシーの柳原です。

 

 

そろそろ5月も終わりに近づき、蒸し暑い季節になりました。

ムシムシして嫌な時期になったなぁ~と考えていたら、ホタル観賞には良い季節だと

思い出しました。

いつもテレビのニュースで終わってしまうホタル鑑賞ですが、今年は久しぶりに行って

見ようかと思っています。

 

 

ホタルはなぜ光るかご存じですか?

コミュニケーションのために光ってるそうなんですが、いくつかの理由があるそうです。

刺激によって光る、敵を驚かすために光る、そして、プロポーズのためにも光るそうです。

光ってプロポーズなんてステキなことですね!

 

 

次回のイベントは、6月19日(日)に決定いたしました。

 

参加を検討中の方、お尻を光らせなくても(笑)いいですから是非ご参加されませんか?

あなたの魅力に近寄ってきてくださる方がいらっしゃるかもしれませんよ!

長崎で結婚するならシンパシー/婚活パーティー・お見合い

 

 

 

  • 投稿者:柳原
  • 更新

夢の国のおすそわけ♪

こんにちは!シンパシーのホッタです!

 

すっかり夏気分で、シャツの腕まくりをしながら仕事しています。

今日はなんだか、外がかすんでいる・・・

ものすごくかすんでいる・・・!!!PM2.5でしょうか??

おそろしや・・・

 

シンパシーより

 

先日、会員さんからうれしいお土産をいただきました☆

 

夢の国のおみやげ

 

うふふ・・・♪

夢の国!ディズニーランドのお土産です☆

イースターの時期で大賑わいだったようです!!いいですね~!

またこのお菓子がかわいい!!

 

夢の国のおみやげ

 

私はこのディズニーランドに一度だけ、一瞬しか行ったことがなかったのでうらやましかったです。

私も今度、行かねば!!

 

おみやげ♪お気遣いいただいてありがとうございました!

おいしくいただきます~☆

 

ある意味毎日が夢の国の住人となっているカウンセラーがいるのはシンパシー!!
長崎で結婚するならシンパシー/婚活パーティー・お見合い

  • 投稿者:堀田
  • 更新

“大人のパーティー”開催

シンパシーの柳原です。

 

先日、久しぶりに“大人のパーティー”を開催いたしました。

男女共に45歳以上の方にお集まりいただき、みなさんでトランプをしたりお茶を飲んだり・・・。

 

久しぶりのトランプは「ババ抜き」をすることにしました。

手持ちのカードが丸見えの方や、ジョーカーを引いてあからさまに顔つきが変わる方、

ルールを思い出しながらのババ抜きは、結構盛り上がりました!

 

大人のパーティー

 

2時間ほどのパーティーでしたが、和やかな雰囲気で終わり、連絡先の交換をなさった方も

いらっしゃったようです。

 

ご参加の皆さんから、次はお酒を飲みながらがいいとのリクエストもあり、次回の企画も考えないと

いけないなぁ・・と思ってるところです。

 

長崎で結婚するならシンパシー/婚活パーティー・お見合い

 

  • 投稿者:柳原
  • 更新

かわいい来客!?

こんにちは、シンパシーのホッタです。
シンパシーオフィスより、、、

 

最近、シンパシーの入っているビルの入り口に、たたずむかわいい姿・・・
入りたそうにこちらを見ている・・・!

 

シンパシーねこっち

 

むむむ・・・!?

シンパシーねこっち

 

こ、これは!!ねこっち!

シンパシーねこっち

 

むっちゃこっちを見ている!!!!

シンパシーに無料相談に来たのかにゃ?

最近になって、うろうろと遊びにきているようです。
このねこっちがまた、人に慣れ慣れでして・・・

 

シンパシーねこっち

 

「何か用かにゃ??」

警戒もせずに寄ってきます。
なでなでなでなで・・・

 

調子こいて膝にも乗ってこようとしたツワモノねこっちです(笑)
悪さはしちゃダメよ♪

 

ひとときの癒しの時間でした。

 

シンパシーの看板ねこにならないかい?(笑)
こんどニボシでスカウトしてみよう(笑)

 

ねこ好きで身の回りがねこグッズまみれのカウンセラーがいるのはシンパシー!!
長崎で結婚するならシンパシー/婚活パーティー・お見合い

  • 投稿者:堀田
  • 更新

甘いからすみ・・・!?

こんにちは、シンパシーのホッタです!

シンパシーオフィスより、、、

 

婚活パーティーをバリバリ専門にしている恋活のJEWEL(ジュエル)の榊原さんから、

おみやげいただきました~♪♪

 

JEWEL(ジュエル)さんは、婚活パーティーで、

シンパシーのパーティールームも使ってくださってます☆

そんなご縁でおみやげまでいただいちゃいました!!

 

榊原さん「これ、地元岐阜のおみやげ【からすみ】です。」

 

ホッタ「え?からすみ?岐阜も名物なの?」

 

榊原さん「そうなんですよ~♪岐阜では有名なんですよぉ」

 

ホッタ「へ~(長崎だけの名物じゃないのかぁ)…酒飲みみたいなシブいチョイスだね!」

 

榊原さん「えっ!?お酒と一緒にはさすがに食べないっすよ(笑)」

 

ホッタ「へっ!?【からすみ】でしょ!?」

 

榊原さん「はい、【からすみ】ですよ・・・甘いですもんね」

 

ホッタ「へっ!!甘い!?(からすみが甘いとかパニックやん!あれっ??からすみって、ボラの卵を塩漬けにしたものじゃなかったっけ?)」

 

榊原さん「ホッタさん、何言ってるんですか~(笑)これっすよ!」

 

甘いからすみ!

 

ホッタ「・・・これ?(くるみって書いてある。)これは、ようかんか、ういろうじゃね?」

 

榊原さん「だから【からすみ】ですって~!!」

 

しばらく、パニック・・・すれ違う会話(笑)

 

裏をよく見て見ると・・・

 

甘いからすみ!

 

たしかに【ちびからすみ】の文字!!!!!

衝撃すぎる・・・!!

 

長崎人に、【からすみ】といえば、選択肢はただひとつ!!

あの【からすみ】だけ!!

よりによって、【からすみ】が名物の長崎に【からすみ】をおみやげで持ってくる榊原さん(笑)

面白すぎます!!!

 

お互いの言う【からすみ】をお互いに知って、衝撃が走ったのでした・・・(笑)

 

甘いからすみ!

 

しかも、めっちゃおいしいっっっ!!!!!

榊原さん、ありがとうございました♪

名古屋の御菓子まで♪

 

名古屋のお菓子

 

名古屋のお菓子

 

金のシャチホコがまぶしいぜっ!!!!

 

順調に二重あごが成長しているカウンセラーがいるのはシンパシー!!
長崎で結婚するならシンパシー/婚活パーティー・お見合い

  • 投稿者:堀田
  • 更新

長崎限定!ねこクルス!!

こんにちは!シンパシーのホッタです。

シンパシーオフィスより、、、

 

どしゃぶりですね!そして、ゴールデンウィークも終わりましたね・・・

お陰さまで忙しく、あっという間のゴールデンウィークでした!!

 

さて、アミュに東急ハンズができましたね!

あなたはもう行きましたか~?

私もなぜかボスと行ってきましたよ(笑)

 

そこで見つけたのがこれ!!

にゃがさきクルス(勝手に命名・笑)!!

 

にゃがさきクルス

 

これは!!「よろしく先輩」にも出て下さった、古澤かのこさんのにゃんこでは☆

見た瞬間即買いです(笑)

 

にゃがさきクルス

 

しかも、このクルス、にゃんこの口元をくりぬいての遊び方も書いてあります(笑)

 

にゃがさきクルス

 

たまらにゃいです♪♪してみようかな~(笑)

ピンクの方はしあわせクルスが入ってます☆

 

しあわせクルス

 

なんだかシンパシーにぴったりのクルスです!!

食べたらしあわせになりそうです~♡

 

あごを気にしつつ、クルスをバリバリしているカウンセラーがいるのはシンパシー!!
長崎で結婚するならシンパシー/婚活パーティー・お見合い

  • 投稿者:堀田
  • 更新

連休中も大忙し♪うれしいですね!

こんにちは、シンパシーのホッタです!

シンパシーオフィスより、、、

 

ゴールデンウィーク!!長い休みの人で10連休の方もいらっしゃるようですね!

シンパシーはもちろん開いておりますよ~。

みなさん、連休中はお休みが取りやすいので、お見合いやご来社で予約がいっぱいです。

ありがたいですね!!

今日お見合いされて、うまくいけば・・・今年中には結婚もあるなぁという時期です。

いい出会いとなりますように☆

 

シンパシーでお見合い!

 

今日のお菓子は「かぶと」です♪

(ボスに写真撮ってもらったら、ピントがお菓子じゃなくて、ホッタにあってる・・・笑)

 

実は、ホッタ、ひどい風邪をひきまして、、、ただいま絶賛「おかま声」です(笑)

「おかま声」でお見合いの進行をするのもなんですが、

お見合いからの交際率がアップするかもしれません(なぞ)!!

 

「おかま声」で婚活をエスコートするカウンセラーがいるのはシンパシー!!
長崎で結婚するならシンパシー/婚活パーティー・お見合い

  • 投稿者:堀田
  • 更新

鳥越健一郎校長先生

鳥越健一郎校長先生鳥越健一郎校長先生

(佐世保市立針尾小学校)

「子どもたちと交わすラブレター」

針尾小学校には「スマイルポスト」という箱が設置されています。箱の前には「校長先生あのね」と書かれた用紙が置かれており、子どもたちがその続きを書いてポストに入れると、校長先生へ直接届きます。「最初は悩みを打ち明けてくれたら…と思っていたのですが」と笑うのは鳥越校長先生。その用紙を見せていただくと「校長先生が大好きです」「校長先生の好きな笑顔とあいさつを私もふやしていきたいです」など、うれしいメッセージばかりが並んでいます。鳥越先生はその一人一人へ丁寧な返事を書きます。「心が通い合うこと」のお手本を見せていただいた気がしました。

鳥越先生は最近、18年前の教え子の結婚式に招待されました。「今の子どもたちもどんな大人になるのか…」。先生はそれが楽しみでたまりません。

(2016年5月取材)

  • 投稿者:堀田
  • 更新

村中 靖・志穂美ご夫妻

「仲良く二人三脚」
村中 靖・志穂美ご夫妻 理・美容室経営(諫早市飯盛町)

6月で結婚25周年。基本的に、靖さんはjR長崎駅近くのビルの2階の店で、志穂美さんは実家から程ない諫早市飯盛町後田の店でそれぞれ働く。時には、ミス・ユニバース・ジャパン長崎大会のヘアー・メークの仕事をコンビで手掛けるなどということもある。

今回のインタビュー場所は、長崎の店。飯盛から靖さんはサイドカー付きのバイクで走り、志穂美さんはその後ろを軽乗用車でついてきた。サイドカーの座席には、可愛がっているフレンチドッグ「小梅」ちゃん(メス、2歳)の姿が。春の陽光がバイクと車を包み込む。その光景は、結婚以来仲良く二人三脚で走ってきた二人を象徴するかのように、穏やかでほほ笑ましかった。

■「優しそうだったから」

知り合ったのは、結婚の1年ほど前。当時、靖さんは長崎の理・美容グループの店に勤務。志穂美さんは大阪から戻って実家の理容店を引き継ぎ、母親と一緒に切り盛りしていた。

出会いの橋渡しをしたのは、店に出入りするディーラー(業者)の担当者。靖さんが志穂美さんを業界団体主催の技術講習会で何度か目にして好感を抱き、仲立ちを頼んだ。

志穂美さんは、「電話で初めて彼と話した時、声が優しそうだったんです」と振り返る。初デートは、諫早の喫茶レストラン。6月だった。話していると、二人ともバイクが趣味だと分かり、打ち解けていった。秋には佐世保の展海峰へ一緒にツーリング。コスモスが咲き誇っていた。共通の趣味には「山歩き」もあり、雲仙や久住へ出掛けた。

靖さんは、志穂美さんが最初に感じた通り優しかった。「私が『ハーゲンダッツのアイスクリームって、長崎では西友の所にしか置いてないんだよね』と言うと、早速買ってきてくれたんですよ」。うれしそうに語る志穂美さんの横で、靖さんが静かに笑う。

■「波長が合うのが一番」

靖さんにとって、志穂美さんはどんな存在だったのか。「波長が合うっていうのが、一番でしたね。一緒にいて気持ちがいいんです」(靖さん)。 付き合い始めて2、3カ月して、靖さんはプロポーズした。志穂美さんの口からは、思わず「えーっ」という言葉が出た。ただ、それは結婚する意思がないというよりも、「まだ早い」という思いからだったようだ。

村中 靖・志穂美ご夫妻

二人三脚を始めて、間もなく「銀婚」。理・美容の仕事は立ち続けが多く、店休も少ない。二人で二つの店をやりながら、子ども二人を育て上げた。このうち長女は、東京の専門学校を卒後して間もなく都内の美容店に就職する予定だが、夫妻は「子どもの人生だから、別に戻らなくていい。自由に生きてほしい」と口をそろえる。

最後に、靖さんは「彼女は仕事、家事・育児と、よくやってきてくれた。これからも二人でできるだけ長く健康で、仕事を続けられたら」、志穂美さんは「お客さんの要望やこだわりに対応して、発信を強めたい」と語った。

2016年5月 Vol.136「よろしく先輩129」

  • 投稿者:堀田
  • 更新

第3話 二人の夢

私たち夫婦には夢がある。それは、主人が定年退職したら、二人で世界一周クルーズをすることだ。以前長崎市内のホテルに勤務していた頃、長崎港に停泊する豪華客船を眺めながら、いつかは…と想い描いていた。

時間のある定年後だからこそ、飛行機ではなく、あえてゆっくりと船で移動時間も楽しみながら世界各地を訪れたいと思った。船の中には、ホテルのような客室はもちろん、映画館、プール、ジム、公園など船上で優雅な日常を過ごす工夫がなされているのだ。

この夢を主人に話した時に、約束したことが二つある。それは、「二人とも健康で長生きし、何より仲良くあること」だ。

夫婦でも共通の何かワクワクするような夢があると、日々のふとした瞬間にそれを思い出し、楽しむことができるかもしれない。船に乗る私たち夫婦は、互いにしわは増えたが笑顔でとても幸せそうにしている…。そんな日を迎えられることを一つの楽しみに、これからの毎日を過ごしたい。

  • 投稿者:堀田
  • 更新

第2話 地道に、気長に

「あの一言が言えていたら…」「余計な一言を言ってしまった…」たった一言が二人の関係をギクシャクさせてしまうことは、日常生活でよくあることではないだろうか。

そんな後悔を少しでも減らすために、「あなたは」ではなく「私は」という伝え方をしてみてはどうだろう。例えば、「なんで一緒にいてくれないの」と相手を責めるのではなく、「寂しいな」「一緒にいてくれたら嬉しい」という自分の気持ちを伝えてみる。そして、自分が伝える以上に、相手の話に耳を傾けることも大切だ。夫婦の場合、性別の違いはもちろん、日々の些細なことにも感覚の違いが表れる。それが面白い部分でもあるが、二人の心地良い生活のためには互いの気持ちを伝え合うことも必要だ。この世に一言で全てが上手くいく魔法の言葉はない。日々地道に自分の気持ちを伝え、また相手の気持ちを理解しようとすることの連続だ。ただ、その積み重ねが夫婦の絆を作っていくのかもしれない。

  • 投稿者:堀田
  • 更新

第1話 「ラッキー!」から始めよう

「小さな幸運をたくさん見つけること」私が心がけていることの一つだ。何事もラッキーだと思えば、自然と笑顔になり、何だか楽しくなるから不思議だ。

恋人や夫婦間でも、これが応用できないだろうか。

相手の粗探しをしてしまい、たった一つのことがきっかけで、その人の全てが許せないという大きな事に繋がるという話を聞く。では逆に、どんなに小さなことでも構わないので、相手の良いところに目を向けてみてはどうだろう。あなた自身が小さなことに喜びを感じ、楽しい気持ちでいると、不思議と相手の良いところにも気付きやすくなり、相手にも自分にも寛大になれる部分もあると思う。欠点に思えていたものも、見方を変えれば微笑ましく思えたり、他で補えればよいと思えるかもしれない。

私たちの日常生活には、小さな幸せがたくさん隠れている。見逃しがちなそれらを見つけていくことが、自分だけでなく相手を大切にし、二人の幸せの近道になるかもしれない。

  • 投稿者:堀田
  • 更新

PAGE TOP