ACS個性分析プログラム

ACS

最高のパートナーを見つけるために。シンパシーでは、
「ACS個性分析テスト」によるカウンセリングを実施しています。

婚活では、自分をしっかりと知り、分析することが大切です。100人いれば100通りのライフスタイルがあるように、相手選びや婚活スタイル、結婚観はおひとりおひとり違うもの。

シンパシーでは、ご入会の際に、ACS個性分析テストによるカウンセリングを実施しています。あなたの強みと弱みは?どんな婚活スタイルが合うの?相性がよくストレスを感じないパートナーはどんなタイプなのか、それはなぜなのか…あなたの色々な「個性」を具体的に探っていきましょう!

ACS個性分析テストって?

科学的根拠のある心理テスト。
12のものさしで個性をグラフ化し徹底分析!

シンパシーが行う「ACS個性分析テスト」は、12の項目であなたの「個性・発想」を客観的・科学的に徹底診断します。他の多くの診断テストが「行動」を測定しているのに対し、「発想」を測定しているのがACSの特徴。「できるけど、好きじゃない」「言わないけれど、心の中で思っている」…そんな「行動」とは別ものの「思うこと(発想)」に注目しているため、表面的でない本来の性格を知ることができます。

診断項目

充実性 今の自分の人生について、充実感を持っているかを調べます。
感受性 様々な試験をした際に心が動いているかを調べます。
自立性 一人で生きて行く事を好むか、家族や友人と心をつないで生きて行くかを調べます。
創造性 判断の根拠が自分自身にあり、ストレスなく決断できるかを調べます。
開示性 自分の内面を表に出す事でストレスを感じているかを調べます。
融和性 自分の生活や考え方にストレスを感じているかを調べます。
尊重性 他人と自分の違いがどれだけ気になるかを調べます。
共感性 相手の感情にどれだけ、寄り添え、共感できるかを調べます。
表出性 自分の感情を表にだして、和やかな人間関係を造れるかを調べます。
幸福性 世界と自分の人生に対する、基本的な前向き度を調べます。
交流性 他人との交流の積極性を調べます。
会話性 何気ない会話をする意欲がどれだけあるかを調べます。

診断結果の例

このグラフからまず読み取れるのは、「交流性が極端に低い」ということ。

このようなタイプの人は、「大恋愛!!」ということではなく、お相手のことを深く理解していくことが必要になります。「大恋愛」ということではなくても、お互いのことを理解して居心地がいいパートナーを探していくことが大切ですね。

感受性・尊重性・共感性が高くなっていますので、心が豊かでお相手を素直に受け入れることができる、とても優しい方です。しかしながら、交流性が低いために親密な関係が長く続くと、疲れてしまい、どうしても離れたくなってしまいます。
そうすると、お相手を本当に好きなのかどうかわからなくなってしまうのです。このタイプの方は、まず、二人でいる時の自分の気持ちがどうなのか、 好きという気持ちをしっかり考えることが必要です。テレビドラマのような大恋愛が結婚に繋がるということではありません。恋愛のかたちもそれぞれです。

実際のACS個性分析テストでは、それぞれの項目について、より具体的な解説を交えながらカウンセリングを行います。

カウンセリング内容と料金

ACS個性分析テスト料金 15,000円(税別) 
カウンセリング付/60分(ACS個性分析テスト代4,000円(税別)を含む)
カウンセリング内容
  • 自分の強み弱み、周りにどういう印象を与えているかを客観的に知る
  • 自分に合った婚活方法
  • 今の仕事が自分に合っているかどうか

※ACS個性分析テストはシンパシー会員以外でも受けられます。シンパシーへの入会は別途手続きが必要です。

PAGE TOP