シンパシーブログ

blog

1か月で1000超のいいね!をもらった婚活女子が「やらなかったこと」⑨

マッチングアプリ1か月で1000超のいいね!をもらった婚活女子が

「やらなかったこと」をご紹介していきます。今回は第9回です。

 

「はじめまして」で長時間のおでかけデートはしない

 

不要不急の外出要請がされているコロナ禍では、なかなか気軽におでかけすることができませんが、

マッチングした人とメッセージを重ねていると、会ったこともないのに話が盛り上がり「〇〇の映画

一緒に見に行こうよ」とか「〇〇が新しくできたみたいだから行ってみない?」

長時間のお出かけデートの約束になることはありませんか。

プロフィールである程度の人物像はイメージできますが、実際に会ってみないことには、

良いも悪いも、正直わかりません。メッセージでは気の合う感じがしたとしても、

なんだかイメージとは違うなと感じることは、結構あります。

 

そうなった時には「修行」と化します。早く帰りたいと思っても、帰れないし、

気を使わないといけないので、疲れます(-_-;)。

結局のところ時間の無駄です。

 

「はじめまして」は顔合わせ程度の気持ちで、最長でも2時間くらいでキリがつけられるような、ランチやカフェがおすすめです。

  • 投稿者:kanzaki
  • 更新

1か月1000いいね!の婚活女子が「やらなかったこと」⑧

マッチングアプリ1か月で1000超のいいね!をもらった婚活女子が

「やらなかったこと」をご紹介していきます。今回は第8回です。

 

・信頼関係ができるまで、相手の運転する車に乗らない

 

マッチングした人とはじめて会うときに「車で迎えに行くよ」と言われたことはありませんか?

相手は善意で声をかけてくれることがありますが、信頼関係ができるまでは、相手の運転する車に乗ることはおすすめしません。

性善説で考えればその車に乗っても問題ないのですが、マッチングアプリにおいては「遊び」で登録している人がいるため、自分の身は自分で守ることが大切です。

全く知らないところに連れていかれてしまったら…?突然置いていかれてしまったら…?

このように紹介すると「マッチングアプリって怖い」と思ってしまって利用するハードルを上げてしまいそうですが、基本的な防犯行動をとるだけです。

「駅から近いし大丈夫!」とか「私も車で行くから現地集合しよう!」と伝えれば、だいたいのまともな人は察してくれます。

ついでに、婚活男子には「知らない人の車にホイホイ乗る人じゃないんだな」とアピールできますよ。

 

  • 投稿者:kanzaki
  • 更新

小さなしあわせ

シンパシーの柳原です。

 

不要不急の外出は控えておりましたが、

先日、友人のお誕生日のお祝いに出かけました。

以前は何も感じませんでしたが、

久しぶりの外食はテンションが上がるものですね (笑)

 

「人に作ってもらったものはおいしいねぇー!」と、

オバサンふたりは小さなしあわせを噛みしめ、

「あぁ~、お腹いっぱい」と、

お腹をさすりながら家路につきました。

 

普段気づかないことも、改めて考えると大事なことがあるんですね。

一日一日を大切にしょうと感じた日でした。

 

ワイン

 

サボテンに癒されているアドバイザーがいるのはシンパシー

長崎で結婚するなら結婚相談所シンパシー/婚活パーティー・お見合い

  • 投稿者:柳原
  • 更新

1か月1000いいね!の婚活女子が「やらなかったこと」⑦

マッチングアプリ1か月で1000超のいいね!をもらった婚活女子が「やらなかったこと」を

ご紹介していきます。今回は第7回目となりました。

 

「はじめまして」は夜の時間帯に設定しない

 

マッチングした人と初めて会うときは、何時くらいに設定していますか?

コロナ禍において、飲食店などの時短営業が要請されているので、

遅い時間帯に会うことがほとんどできなくなっていますが、

ディナーの時間帯に設定する方も多くいるのではないでしょうか。

 

ディナーはランチやカフェと違って、お酒を飲む機会になることが多く気が緩まります。

お酒の力によって、より気軽にコミュニケーションがとれるようになることもありますが、

はじめて会うときにはちょっぴり危険なことも…。

 

性善説で考えればどんな時間帯に会っても問題ないのですが、

マッチングアプリにおいては「遊び」で登録している人がいるため、自分の身は自分で守ることが大切です。

ランチやカフェなど、昼間に人目が多いところで会うことをおすすめします。

ちなみに、婚活男子にとっては日中に会う方が夜と比べて、費用が掛からない点でメリットがあるようです。

 

  • 投稿者:kanzaki
  • 更新

婚活道~お見合い編 ⑤~

シンパシーの柳原です。

 

これから暑くなる季節。

男性のお見合いの服装はスーツが定番ですが、

最近はクールビズでお願いしています。

 

上着を脱いで、ネクタイを外せば大丈夫と思ったら大間違い!

ゆったり目のシャツを着ている方は、“おじさん”っぽくなりがちです。

 

わからないときはシャツの売り場に行き、

「クールビズ用のシャツを探してます」と店員さんに伝えることです。

最近はステッチが入っていたり、かわいいボタンを使ったシャツも多いですよ。

襟の先っぽに小さなボタンが付いてる「ボタンダウンシャツ」は、

一番使いやすいかもしれません。

ネクタイをしてもしなくても大丈夫な、万能選手です。

 

席について話をするお見合いや婚活パーティーは、上半身の気を抜いてはいけません(笑)

今年の夏は、シャツを味方につけてがんばりましょう。

 

最後に、シャツの一番上のボタンを外したとき、

くれぐれもインナー(下着)が見えないようチェックすることも大事ですよ。

 

サボテン

 

週末はお見合いの準備が忙しいアドバイザーがいるのはシンパシー

長崎で結婚するなら結婚相談所シンパシー/婚活パーティー・お見合い

 

  • 投稿者:柳原
  • 更新

悩まなくてもいいんです。

シンパシーの川原です。

 

交際中の会員様よりご相談を受けることが多い内容の一つに

「お付き合いをどういう風に進めていいのかわかりません。」

というものがあります。

 

よくよくお話しを伺ってみると世の中の恋愛カップルと同じようにごく普通にお付き合いが進んでいます。

では何故そう思われるんでしょう?

 

「だって、ここは結婚相談所だからいろんなルールがあって、

そのルールに沿ってお付き合いを進めないといけないんですよね??」

 

もちろんお付き合いをする以上守らなければいけない最低限のルールはありますが

それは結婚相談所ではなく普通の恋愛でも同じことです。

 

結婚相談所で紹介されたからあれもダメ!これもダメ!なんてことはありません。

私たちシンパシーのアドバイザーは基本、会員様のお気持ちを尊重しながら見守りつつ

時々手助けが必要ではないかお声掛けするように心掛けています。

 

お付き合いや結婚に少しだけ臆病になっているのであればいつでもご相談ください。

いつも皆様のお心に寄り添っていられるアドバイザーでありたいと思っています。

 

 

 

飲んで食べて寝て悩みを忘れてしまうアドバイザーがいるのはシンパシー

長崎で結婚するなら結婚相談所シンパシー/婚活パーティー・お見合い

  • 投稿者:川原
  • 更新

PAGE TOP