シンパシーブログ

blog

婚活セミナーが終了いたしました!!

シンパシーの柳原です。

 

本日、南島原市社会福祉協議会様のセミナーに行って参りました。

これから婚活イベントに参加する皆さんに、

イベント中に気を付けることや、

マッチングした後の連絡のやり取りについてなど、

シンパシーにできる応援をしてきました。

 

さて、シンパシーの庭コンも11/28に予定しております。

コチラも毎回連絡先の交換が盛んで、

楽しいイベントになっていますが、

女性は定員になりましたので、募集は締め切らせていただきました。

男性のお席は空きがあと少しございますよ!

 

紅葉の始まった三原庭園で、秋のひと時を過ごしてみませんか?

【2021年11月28日】三原DE庭コン 第8回

 

食欲の秋に悩んでいるアドバイザーがいるのはシンパシー

長崎で結婚するなら結婚相談所シンパシー/婚活パーティー・お見合い

 

 

 

  • 投稿者:柳原
  • 更新

第6回 庭コンが終了しました!

シンパシーの柳原です。

 

10/24(日)6回目の庭コンが開催されました。

そして、三原庭園には新しいお庭がオープンしていました!

 

「三原DE庭コン」はおかげ様でお申込みが大変多く、女性は毎回抽選をさせていただいております。

残念ながらご参加できなかったみなさん、本当に申し訳ありません・・・。

 

さて庭コンは、今回も定員の12名対12名での開催となりました。

今回の庭コンはマッチングなしですが、

連絡先の交換は自由にしていただける内容にしました。

自己紹介の後カードゲームを行い、

緊張が和らいだところでローテーショントークに入ります。

 

 

最初は緊張されてた方も徐々にい打ち解けたようで、

最後は2~3人の連絡先を交換して帰られたようです。

今後も、楽しいイベントになりますよう準備させていただきますね。

 

庭コンの準備に忙しいアドバイザーがいるのはシンパシー

長崎で結婚するなら結婚相談所シンパシー/婚活パーティー・お見合い

 

 

  • 投稿者:柳原
  • 更新

アラフォー女子の婚活日記 ⑩

友達や家族に婚活のことをあまり話さない、という人は多いでしょう。

私もかつては「なんだか恥ずかしい」という理由から、一人でこっそり婚活をしていました。

ですが、本当に仲の良い友達や家族には、できれば婚活していることをバンバン発信するべきです!

 

なぜなら、婚活はうまくいかないことが多すぎるから。

一人で抱えるにはあまりにも重すぎることが婚活では次々と起こりますよね。

いいなと思っていた相手から手ひどい言葉でお断りされた、

誰ともカップル瀬尾立できず惨めな気持ちになった、

だんだんと自信をなくし婚活そのものが怖くなった…

なんて婚活あるあるのつらい出来事と出会うたび、過去の私は一人で耐えました。

 

ですが、何もかもを一人で背負おうとした結果、私は一時期「婚活うつ」に陥ってしまったのです。

その際にカウンセラーの先生から「相談できる相手を作ったほうがいい」と言われ、

以後は婚活の愚痴や悩みを自らに人に話すようになりました。

 

今は身近な人以外にも、ネットで仲間を見つけられる時代です。

あなたの話に親身に耳を傾け、不安に寄り添ってくれる人は必ずいます。

一人だけで頑張ろうとするのではなく味方を作り、力を借りてください。

  • 投稿者:柳原
  • 更新

第5回 庭コンが終了いたしました

シンパシーの柳原です。

 

昨日の土曜日、「第5回庭コン」が開催されました。

暑いくらいのお天気で、汗をかきながらのスタートになりました。

今回も定員の24名での開催。

お申込みが大変多く、女性は抽選でご参加を決定しています。

 

今回の庭コンはフラワーアレンジメント。

三原庭園スタッフの方のご指導の下、

慎重なタイプの人、大胆なタイプの人など、思い思いのフラワーアレンジが完成しました。

 

作業しながらの会話は、初対面とは感じない自然な雰囲気がでます。

緊張するタイプの方は、体験型の婚活がいいかもしれませんね。

 

夕方から始まった庭コンも、気づけば日が落ちていました。

夜の三原庭園はライトアップされ、昼間とは違った景色が堪能できます。

 

皆さんのフラワーアレンジメントの出来上がりが、あまりにも上手でビックリしたアドバイザーがいるのはシンパシー

長崎で結婚するなら結婚相談所シンパシー/婚活パーティー・お見合い

 

 

連絡先の交換をして、

  • 投稿者:柳原
  • 更新

アラフォー女子の婚活日記 ⑨

私はかつて、カップル成立しても交際に発展できず、婚活が停滞していた時期がありました。

 

「婚活パーティーにはいい人がいない」「理想の男性が現れない」と居酒屋で友人に愚痴っていた時、

友人から「いい人とか理想の男性って、具体的にどんな人なの?」と聞かれ私はハッとします。

 

私には明確な理想像や相手への条件が一切なかったのです。

「容姿端麗で年収は高いほうが嬉しい」などふわっとした理想は持っていましたが、どれも具体性に欠けるものばかり。

当然のことですが、婚活はあらかじめ「相手選びの具体的な基準」を設けたほうが、スムーズに進みます。

ふわっとした基準を持つと相手選びの決め手に欠け、いつまでも迷ってしまうことが理由です。

 

つまり、私の婚活が停滞していた原因は、パーティーの参加男性に問題があったからではなく、

明確な基準がないまま婚活パーティーに参加していた私にあったのです。

 

高すぎる理想は婚活の難易度を上げるのでおすすめできませんが、

相手選びの基準をきちんと定めるだけで婚活がうまくいくこともあります。

婚活がうまく進まないな…と思ったときは、ぜひ一度相手選びの基準を見直してみてください。

  • 投稿者:柳原
  • 更新

アラフォー女子の婚活日記 ⑧

結婚相談所を介して知り合った男性は、

イケメンで優しく、年収も申し分ない素敵な人でした。

 

しかしあまり素敵な男性に恐縮した私は「彼のようなハイスペックな人が私に本気になるはずがない」と考え、

彼を信用できなかったのです。

彼とデートすることになりましたが、

彼の素敵な部分を知れば知るほど私の不信感は膨れ上がり、うまく笑顔を作ることができません。

 

何度かデートを重ねましたが一向に心を開くことができず、

結果的に彼からお断りされる形で私たちの関係は幕を閉じました。

しかし後日、相談所のアドバイザーから「彼はとても真剣だった」と聞かされてびっくり!

私のスペックでは釣り合わないと思っていた素敵な彼は、本気で私をいいと思ってくれていたのです。

 

今思えば、当時の私は軽い男性不信に陥っていたのだと思います。

婚活には自分のスペックに嘘をつく人や既婚者であることを隠して参加する人もおり、

絶対に騙されるものか!と思うあまり男性を信じられなくなっていました。

 

嘘を見極め自己防衛することも大切ですが、過剰な守りは自らの可能性を潰してしまいます。

相手の好意を正しく判断できる、冷静な分析力を身に着けてくださいね。

  • 投稿者:柳原
  • 更新

PAGE TOP